読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お得に海外旅行3

前回に引き続き、お得に海外旅行を楽しむ方法を紹介したいと思います。

前回は目的地の直接入ることはせずに、近くの大都市を選択してみるということを紹介しました。

今回はLCCの利用をお勧めしたいと思います。

 

ストックホルムに到着したのち、ポーランドワルシャワまではLCCを利用して行きました。

ストックホルムからワルシャワまでは2千円で行けました。

ヨーロッパで一番有名なのはアイルランドの航空会社、ライアンエアーでしょう。こちらはさらに安く、1000円を切っていましたが、予定が合わなかったため、ハンガリーLCCウィズエアーを利用しました。

ヨーロッパの都市間でしたら、3000千円もあれば、大体の所へ行くことができるのが、LCCを利用する大きなメリットでしょう。

なので、ヨーロッパの場合はひとたび現地につけば、あとは好きなところへLCCで回ることが十分可能です。なので、前回は一番安い方法でひとまずヨーロッパに入ることをお勧めしたのです。

しかし、LCCを利用する際にはいくつか注意点があります。

 

・預入荷物は基本有料

・手荷物持ち込みには大きさに制限あり

機内食は有料

・航空券の予約はすべて自己手配

・空港は主要都市から離れたところにある

・出発、到着は早朝、または深夜になることも

 

安い分、制約が多いと感じるかもしてませんが、これさえクリアできれば、数千円代で飛行機移動ができることを考えれば、利用する価値は十分にあると思います。

有料になるだけで、全てのサービスを申し込んだとしても1万円くらいでは収まるので、依然として、安い水準にあると思います。

荷物は必要最低限のものにして、身軽に移動できるようにしたほうが楽しいと考えているので、旅に出るときはリュック一つだけ持って行きました。LCCの制限に引っかからない荷物というのは旅をする上で一つの指標となるのではないでしょうか。

重い荷物を運びながら、旅行している人が多いですが、必要になるものは意外と少ないもので、本当に必要なものは現地で調達して、そのままお土産にすればいいでしょう。そうしたことも旅の思い出となること間違いなしです。

旅の思い出が荷物によって身動きが取れなくなり、疲れた印象しか残らないのは非常に残念なことだと思います。


LCCは基本的に中短距離に就航しているため、長距離の路線はほとんどありませんが、乗り継いでいくことで、お得に世界一周なんてことも十分可能です。


羽田からエアアジアでマレーシア、そこから、インド、ドバイを経由してヨーロッパ、アメリカへと乗り継いで、そのうち世界一周をしてみようと考えています。

 

以上、お得に海外旅行として、主に3つを紹介してみました。

旅の楽しみ方は人それぞれなので、皆さんの楽しみ方はどのようなものですか?